Monaca Docs
検索…
パート 3 : Monaca アプリのビルド
このパートでは、iOS 向けと Android 向けの Monaca アプリのビルド方法を解説します。
他のプラットフォーム向けの Monaca アプリのビルドに関しては、ビルド をご確認ください。

iOS 向け Monaca アプリのビルド

端末にインストールできる、デバッグビルド版 iOS アプリの作成方法を解説します。ビルドの種類に関する詳細は、[ビルドの種類]() をご確認ください。
事前準備
  1. 1.
    Apple Developer Program に登録する必要があります。
  2. 2.
    Apple Developer Program に登録後、次のアイテムを作成します ( デバッグビルド版の作成時、Monaca 上で必要となるアイテムです )。
  3. 3.
    App ID ( App ID の登録方法 )を参照してください。
  4. 4.
    開発用証明書 ( 証明書の発行方法) を参照してください。
  5. 5.
    開発用プロビジョニングプロファイル ( プロビジョニングプロファイル の作成方法 ) を参照してください。

ステップ 1 : iOS アプリの設定

1. Monaca Localkit のプロジェクト一覧から、ビルド対象のプロジェクトを選択して、設定ボタンをクリックします。
2. 表示された画面左の アプリの設定 メニューから、iOSを選択します。
3. 必要なアプリ情報を入力します。
  • アプリケーション名 : マーケット上で公開されるアプリ名です。
  • App ID : アプリを識別する一意の ID です。App ID には、逆ドメイン形式 ( 例 : mobi.monaca.appname ) を推奨します。英数字とピリオドのみ使用できます ( ピリオドは、最低限、1 つ使用 )。各レベルのドメイン ( 各節 ) は、ピリオドで区切られ、英字から始まります。
  • バージョン : App Store Connect 経由で、アプリをアップロード ( 配布のため ) するときに必要となる、アプリのバージョン番号です。ドットで区切った、3 つの数字 ( 例 : 1.10.2 ) を使用します。各数字は、[0-99] の範囲にします。
  • 他の設定項目は、任意です。こちらの設定画面では、アイコン、スプラッシュ画像なども設定できます。
Monaca のビルド設定で使用する App ID には、iOS Provisioning Portal で登録した App ID と同じ ID を使用します。なお、Monaca のビルド設定で使用する App ID には、アスタリスク ( * ) は使用できません。使用した場合、ビルドが失敗します。
4. 設定後、保存するボタンをクリックします。

ステップ 2 : iOS ビルドの設定

1. Monaca Localkit のプロジェクト一覧から、ビルド対象のプロジェクトを選択して、リモートビルドボタンをクリックします。
2. 表示された画面左の ビルド/ビルド設定 メニューから、iOSを選択します。次に表示された画面上で、ビルド設定の管理ボタンをクリックします。
3. 秘密鍵と CSR の生成ボタンをクリックします。Apple ID の登録時に使用したユーザー名およびメールアドレス、ならびに、国コードを入力して、秘密鍵と CSR の生成ボタンをクリックします。ダイアログが表示されるので、CSR ファイルをダウンロードします。既存の秘密鍵がある場合には、こちら の内容に従い、インポートもできます。
既存の秘密鍵をインポートする場合、インポートする秘密鍵を使用して発行した証明書が必要になります。また、秘密鍵と CRS ファイルを新規作成する場合、新規作成した CRS ファイルを使用して、証明書を新規発行する必要があります。

ステップ 3 : アプリのビルド

1. Monaca Localkitのプロジェクト一覧から、ビルド対象のプロジェクトを選択して、リモートビルドボタンをクリックします。
2.「 ビルド設定 」 画面左の ビルド/ビルド設定 メニューから、iOSを選択します。次に、[ デバッグ向けビルド ] の デバッグビルド オプションを選択し、加えて、対応するプロビジョニング プロファイルを選択します。次に、ビルドを開始するボタンをクリックします。
3. ビルドが完了するまで数分かかる場合もありますので、しばらく待ちます。ビルドが完了すると、次の画面が表示されます。

ステップ 4 : ビルドしたアプリのインストール

デバッグビルド版アプリのインストール方法は、下記になります。
  1. 1.
    ビルド済みアプリをダウンロードし、Apple Configurator 2 を使用して、iOS 端末にインストールします。( Mac のみ )
  2. 2.
    QR コードを使用して、インストールします。
  3. 3.
    配信/配布支援サービス ( デプロイサービス ) 経由でインストールします。

Android 向け Monaca アプリのビルド

デバッグビルド版 Android アプリの作成方法を解説します。ビルドの種類に関する詳細は、ビルドの種類 をご確認ください。

ステップ 1 : Android アプリの設定

1. Monaca Localkit のプロジェクト一覧から、ビルド対象のプロジェクトを選択して、設定ボタンをクリックします。
2. 表示された画面左の アプリの設定 メニューから、Androidを選択します。
3. 必要なアプリ情報を入力します。
  • アプリケーション名 : マーケット上で公開されるアプリ名です。
  • パッケージ名 : アプリを識別する一意の ID です。ID には、逆ドメイン形式 ( 例 : mobi.monaca.appname ) の使用を推奨します。英数字とピリオドのみ使用できます ( ピリオドは、最低限、1 つ使用 )。各レベルのドメイン ( 各節 ) は、ピリオドで区切られ、英字から始まります。
  • バージョン : アプリのバージョン番号です。ドットで区切った、3 つの数字 ( 例 : 1.10.2 ) を使用します。各数字は、[0-99] の範囲にします。
  • ビルド種別ごとにパッケージ名を分ける : チェックをした場合、デバッグビルド版アプリのパッケージ名とカスタムビルド版デバッガーのパッケージ名は、異なる名になります。デバッグビルド版アプリのパッケージ名の拡張子は .debug となり、プロジェクトのデバッガーのパッケージ名の拡張子は .debugger となります。ただし、デフォルトでは、このオプションは無効になっています。常時有効にしてしまうと、決まったパッケージ名 ( In-App Purchase など ) に紐付けされているプラグインが存在する場合、デバッグができなくなるためです。
  • 他の設定項目は、任意です。こちらの設定画面では、アイコン、スプラッシュ画像なども設定できます。
4. 設定後、 保存するボタンをクリックします。

ステップ 2 : Android キーストア ( Keystore ) の設定

Android キーストアを使用して、パッケージの署名に必要な鍵 ( エイリアス ) を格納します。キーストアを紛失した場合、または、別のキーストアで上書きした場合は、既に署名されているパッケージは、同じ鍵では再署名できません。また、1 つのキーストアには、複数のエイリアスを格納できますが、アプリのコード署名 ( Code Sign ) 時には、エイリアスを 1 つのみ、使用します。
リリースビルド版アプリを作成する場合には、Android キーストアが必須となります。一方、デバッグビルド版アプリの場合には、キーストアは任意となります。
Android キーストアを Monaca 上で作成する手順を、次に記します。
1. Monaca Localkit のプロジェクト一覧から、ビルド対象のプロジェクトを選択して、リモートビルドボタンをクリックします。
2. 表示された画面左の ビルド/ビルド設定 メニューから、 Androidを選択します。表示された画面上で、[ リリース向けビルド ] の リリースビルド オプションを選択し、キーストアとエイリアスを管理するボタンをクリックします。
3. キーストアは、新規に作成するか、または、既存のキーストアがあれば、インポートもできます。このチュートリアルでは、キーストアの新規作成を前提とするので、クリアして新規作成ボタンをクリックして、次の画面を表示させます。
4. キーストアに関する情報を入力します。
  • エイリアス : キーストアに格納された鍵情報を指します。パッケージの署名時に使用します。
  • エイリアスのパスワード : エイリアス用のパスワードです。
  • キーストアのパスワード : 新規のキーストア用のパスワードです。
5. キーストアとエイリアスを作成するボタンをクリックします。

ステップ 3 : アプリのビルド

1. Monaca Localkit のプロジェクト一覧から、ビルド対象のプロジェクトを選択して、リモートビルドボタンをクリックします。
2. 表示された画面左の ビルド/ビルド設定 メニューから、Androidを選択します。表示された画面上で、[ デバッグ向けビルド ] の デバッグビルド オプションを選択して、ビルドを開始するボタンをクリックします。
3. ビルドが完了するまで数分かかる場合もありますので、しばらく待ちます。ビルドが完了すると、次の画面が表示されます。

ステップ 4 : ビルドしたアプリのインストール

次のいずれかの方法を使用すれば、ビルドしたアプリをインストールできます。
  1. 1.
    ネットワーク インストール を使用します。
  2. 2.
    QR コードを使用して、インストールします。
  3. 3.
    ビルド済みアプリをコンピューターに直接ダウンロードし、USB
    ケーブル経由でインストールします。
  4. 4.
    登録されているメールアドレスに、ダウンロードするための URL を送信します。
  5. 5.
    配信/配布支援サービス ( デプロイサービス ) 経由でインストールします。
次へ:
最終更新 3mo ago