iOS アプリのビルド

2024年4月以降、App Store に送信されるiOS アプリは、iOS 17 SDK 以降をサポートする必要があります。詳細は、Submitting iOS Apps to the App Store を参照していください。

Monacaで開発するアプリを AppStore に公開するには、Cordova 12 以降のプロジェクトを使用する必要があります。

事前準備

事前準備として、次の内容を行います。

ビルドの種類

Monaca では、次のビルド種類をサポートしています。

Ad Hoc 配布とは、App Store を経由せずに、アプリを配布するための仕組みです ( 評価配布用 )。Ad Hoc プロビジョニング プロファイルを使ってビルドする、評価用アプリは、現在、最大 100 台 まで、Ad Hoc 形式で配布できます。ただし、アプリの配布先は、開発関係者に限定されます。

ステップ 1 : Monaca 上での iOS アプリ設定

iOS アプリの設定

  1. Monaca クラウド IDE のメニューから、設定 → iOS アプリ設定 を選択します。

  2. アプリに関する次の情報を入力します。

Monaca のアプリ設定では、App ID にアスタリスク (*) を使用することはできません。使用した場合、ビルドは失敗します。また、この App ID には Apple Developer Program に登録した App ID と同じ ID を使用します。詳細は、 App ID の登録 をご確認ください。

3. 設定後、保存する をクリックします。

現在、iOS の [ App ID ] または Android の [ パッケージ名 ] のいずれかを変更すると、両方とも同じ名前に更新されます。それぞれに別の名を設定する場合には、 App ID ( iOS 側 ) と パッケージ名 ( Android 側 ) にそれぞれ異なる値を設定するには? をご確認ください。

iOS のビルド設定

  1. Monaca クラウド IDE のメニューから、設定 → iOS ビルド設定 を選択します。

2. 秘密鍵を作成します。または、既存の秘密鍵がある場合には、インポートもできます。ここでは、新規に秘密鍵を作成します。秘密鍵と CSR の生成 ボタンをクリックして、ユーザー名 ( 秘密鍵に付ける名前 ) ・ メールアドレス ( Apple ID ) ・ 国コードを入力します。

既存の秘密鍵をインポートする場合には、その秘密鍵に関連付けされた証明書も Monaca へアップロードする必要があります。詳細は、 ステップ 2 : 秘密鍵と証明書の Monaca へのインポート をご確認ください。

3. 秘密鍵の作成後、その秘密鍵に関連付けされた CSR ファイルも同時に作成されます。次に、エクスポート ボタンをクリックして、この CSR ファイルをダウンロードします。このファイルは、後ほど、Apple Developer Program で証明書を発行するときに使用します。

4. 「 証明書の作成 」 の内容に従い、Apple Developer Program で証明書を作成して、ダウンロードします。

5. 「 プロビジョニング プロファイルの作成 」の内容に従い、Apple Developer Program でプロビジョニングプロファイルを作成して、ダウンロードします。

6. 証明書とそれに対応するプロビジョニング プロファイルを、Monaca クラウドへアップロードします。

Monoaca のビルド設定上では、証明書とそれに対応するプロビジョニングプロファイルを、複数個、アップロード・保管しておくことができます。

ステップ 2 : Apple Developer Program 上での iOS アプリ設定

  1. Apple Developer ページ へ行き、Account をクリックします。

  2. Apple Developer Program に登録した、Apple IDとパスワードを使用して、サインインします。このプログラムに未登録の場合には、こちらで登録します。

  3. Certificates, Identifiers/IDs & Profiles へ行き、次のページを表示します。

4. このページ上で行う処理は、次のとおりです。

証明書の作成

Apple Developer Program では、2 種類の証明書を発行できます。

  • 開発用証明書 : デバッグビルドを行うときに、必要となります。

  • 配布用証明書 : リリースビルドまたは Ad Hoc

    ビルドを行うときに、必要となります。

CSR ファイルのダウンロード後 ( iOS のビルド設定 を参照のこと )、Apple Developer Program で証明書を発行して、ダウンロードします。

開発用証明書の発行とダウンロードを、次の手順で行います。

  1. Certificates 項目を選択します。

  2. 追加ボタン 「+」 をクリックします ( 下のスクリーンショットを参照のこと )。

3. iOS App Development を選択し、Continue ボタンをクリックします。

配布用の証明書を発行する場合には、 App Store and Ad Hoc を選択します。

4. Continue ボタンをクリックし、Monaca クラウド IDE からダウンロードした CSR ファイル をアップロードします。次に、Generate ボタンをクリックします。

5. 開発用証明書の発行が、これで完了しました。発行された証明書をダウンロードします ( 後から、Monaca クラウド IDE にアップロードします )。

配布用証明書をインポートする場合も、ほぼ同様の手順です。

App ID の登録

App ID は、開発用と配布用のプロビジョニング プロファイルの作成時に、主に、使用します。Wildcard App ID ( 複数の アプリで共通 ) または Explicit App ID ( アプリを識別する、一意の Bundle ID と一致 ) を作成できます。

App ID の登録を、次の手順で行います。

  1. Identifiers 項目を選択します。

  2. 追加ボタン 「+」 をクリックします ( 下のスクリーンショットを参照のこと )。

3. App ID は、「.」 で区切られた、2 つの文字列 ( Prefix と Suffix ) で構成されています。次の内容を参考にして、App ID の情報を入力します。

  • App ID Description : App ID の説明を入力します。「 @、&、*、'、" 」 などの特殊文字は使用できません。

  • App ID Prefix : Team ID となります ( デフォルト )。

  • App ID Suffix : アプリを識別するための Bundle ID となります。App ID Suffix には、次の 2 種類があります。

  • App Services : アプリ上で使用したいサービスを選択します。

4. Continueをクリックします。App ID の登録内容を確認して、Submit をクリックします。ここまでの手順で、Apple Developer Program への App ID の登録が完了しました。

開発用端末の登録

開発用と配布用のプロビジョニング プロファイルを作成する前に、開発用の端末を登録する必要があります。

アプリ開発時に使用する端末を、次の手順で登録します。

  1. Devices 項目を選択します。

  2. 追加ボタン 「+」 をクリックします ( 下のスクリーンショットを参照のこと )。

3. 端末の情報を入力します。

  • Name : 端末を識別するための名前を入力します ( 例 : MyiPhone )

  • UDID : 端末固有の識別コードです。UDID は、コンピューターに iOS 端末を接続して確認できます。macOS の場合は、システム情報の シリアル番号 から、Windows の場合は、デバイスマネージャーの デバイス インスタンス パス から確認できます。( 下のスクリーンショットを参照のこと )。

4. 入力後、Continue をクリックします。次の画面で入力情報を確認して、Register をクリックします。Apple Developer Program 上での開発用端末の登録は、これで完了です。

プロビジョニング プロファイルの作成

アプリのビルドの最終工程として、プロビジョニング プロファイルを作成します。プロビジョニング プロファイルには、次の2種類があります。

  • 開発用 プロビジョニング プロファイル : デバッグビルドを行うときに、開発用証明書と共に使用します。

  • 配布用 プロビジョニング プロファイル : Ad Hoc または配布 ( 実稼働 ) 用ビルドを行うときに、配布用証明書と共に使用します。

開発用 プロビジョニング プロファイルを、次の手順で作成します。

  1. Profiles 項目を選択します。

  2. 追加ボタン 「+」 をクリックします。

3. iOS App Development を選択し、Continue ボタンをクリックします。

  • Ad Hoc ビルド用に、配布用 プロビジョニング プロファイルを作成する場合には、Ad Hoc を選択します。

  • リリースビルド用に、配布用 プロビジョニング プロファイルを作成する場合には、App Store を選択します。

4. 対象の App ID を選択して、Continue ボタンをクリックします。

5. このプロファイルに紐付けする証明書を選択して、Continue ボタンをクリックします。

6. 先ほど登録した開発用の端末を選択して、Continue ボタンをクリックします。

7. プロビジョニング プロファイルの名前を入力して、Generate ボタンをクリックします。

8. 開発用 プロビジョニングプロファイルの準備が完了しました。プロファイルをダウンロードします。後ほど、Monaca上で、iOS アプリをビルドするときに、このファイルを使用します。

配布用 プロビジョニング プロファイルの作成も、ほぼ同様の手順で行えます。

ステップ 3 : アプリのビルド

  1. Monaca クラウド IDE のメニューから、ビルド → iOS アプリのビルドを選択します。

  2. 目的に応じたビルドの種類を選択して、ビルドを開始する ボタンをクリックします。

3. ビルドが完了するまで、しばらく待ちます。ビルドが成功した場合には、次のような画面が表示されます。ビルドの完了後、ビルド済みアプリをインストールまたはダウンロードできます。

macOS Catalina 10.15 以降でシミュレーターを使用している場合は、アプリ実行前にターミナルで下記のコマンドを実行する必要があります。

  • すべてのアプリケーションを許可を有効

sudo spctl --master-disable 設定を戻す場合は、下記のコマンドを実行します。

  • すべてのアプリケーションを許可を無効

sudo spctl --master-enable

最終更新