Monaca Docs
質問…
K

アプリをテストする

Monacaで提供しているアプリケーションの画面や動作を確認する主要なテスト手段について紹介します。アプリのデザインの確認から実機テストのデバッグビルドまで、幅広いテスト手段を利用できます。
  1. 1.
    デザイン確認: プレビューパネル
    MonacaクラウドIDEのプレビューパネルを使用すると、ユーザーはアプリのデザインを直感的に確認することができます。このパネルは、アプリのレイアウト、カラースキーム、タイポグラフィなど、UI/UXデザインの初期段階での確認に理想的です。 プレビューパネルは、MonacaクラウドIDEにてプロジェクトを開くとIDEの右側に表示されます。
  2. 2.
    クイックビューアは、アプリケーションのUIをモバイル端末上で直接テストするためのツールです。これを使用すると、ユーザーはボタンの配置、スクロールの振る舞い、画面遷移など、アプリの実際の使用体験を確認できます。これにより、ユーザビリティの問題やデザインの欠陥を早期に発見できます。
  3. 3.
    Android端末でのテストはMonacaデバッガーを使用します。 このデバッガーは、実際のAndroidデバイス上でアプリケーションを動作させ、その動作を直接確認することができます。これにより、アプリのパフォーマンスや動作の問題を発見することが可能になります。
  4. 4.
    iOS端末でのテストは、証明書やプロファイルを登録してアプリケーションをビルドします。こうすることで、アプリがiOSデバイス上でどのように動作するかを詳しく確認することができます。
  5. 5.
    上述したデバッグ用のサービスを利用する以外にも、iOS/Androidの各OSにてデバッグ用のビルドが可能です。デバッグ用ビルドをしたアプリをインストールすれば、より正確なアプリケーションの動作を確認いただけます。特に複雑なエラーや深刻なパフォーマンス問題のトラブルシューティングにはこの方法が有効です。