Monaca Docs
質問…
K

iOS シミュレータービルド

iOSアプリのビルドでは、iOSシミュレーターで動作するビルドイメージを出力することができます。 実機でのデバッグには証明書やプロビジョニングプロファイルが必要となりますが、シミュレータービルドではこれらが不要です。 従ってApple Dveloper Programのアカウントが無くても動作確認が可能です。

制限事項

  • シミュレータービルドされたアプリを実機へインストールすることはできません。
  • ハードウェアに依存するような機能はシミュレーターでは動作できません。 例)
    • カメラによる写真・動画撮影
    • バーコードスキャナー
    • NFCリーダー

必要な環境

  • Mac OSを利用 Mac OS上のシミュレーターでアプリの動作確認ができます。利用にはXcodeのインストールが必要です。
  • 外部サービスの利用 Appetize.io などの外部サービスを利用すればシミュレーターがインストールされていない環境でも動作確認が可能です。

ローカルのシミュレーターでの動作確認

  1. 1.
    ビルド→iOSアプリのビルド からシミュレータービルドを選択してビルドを実行してください。
2. ビルドが完了するとビルド結果にローカルPCにダウンロードが表示されます。クリックしてアプリをダウンロードしてください。
3. ダウンロードされたzipファイルを解凍してシミュレーターにドラッグ&ドロップしてください。
4. シミュレーター上で動作確認することができます。

Appetize.ioでの動作確認

  1. 1.
    事前準備
Appetize.ioを利用するためには、事前に外部サービスの登録とMonacaへの設定が必要です。 Appetize.ioへの配信を参照してAppetize.ioを登録してください。
2. ビルド→iOSアプリのビルド からシミュレータービルドを選択してビルドを実行してください。 ビルドが完了するとビルド結果画面の下部に外部サービスとの連携機能が表示されます。 Appetize.ioをクリックしてください。
デプロイをクリックするとAppetize.ioにアプリが送信されます。
3. Appetize.io サービスにログインしてダッシュボードを開いてください。
Appetize.io にアプリが送信されていることが確認できます。
4. view をクリックしてアプリを起動してください。
アプリが起動して動作確認を行うことができます。 Appetize.ioの操作方法については公式のドキュメントを参照してください。