Monaca Docs
検索…
Firebase への配信
Firebase への配信方法について説明します。 Firebaseへの配信は、Firebase Hosting機能を利用しています。また、Firebaseへの配信は、PWAビルドされたアプリのみ対応しています。

配信のするための事前準備として、プロジェクトIDAPIトークンを用意する必要があります。

  1. 1.
    Firebaseコンソールにて、プロジェクトを作成します。
  2. 2.
    プロジェクトIDは、下の赤枠に表示されます。

  1. 1.
    Firebase CLI ガイド に沿ってFirebase CLI をインストールします。
  2. 2.
    Firebase CLIをインストールした後、次のコマンドにてトークンを取得します。
firebase login:ci

初期化後、Firebaseはfirebase.jsonファイルをローカルプロジェクトのルートに追加します。このファイルをMonacaの対象プロジェクトのルートに追加する必要があります。

事前に用意したFirebaseの情報をMonacaへ登録する方法は、次のとおりです。
  1. 1.
    Monaca クラウド IDE メニューの設定 → デプロイサービスを選択します。
  2. 2.
    新しく追加するをクリックします。
  3. 3.
    Firebase を選択し、以下の必要情報を入力します。
    • エイリアス名: 各サービスの一意の識別子 (Monaca内で管理するための識別子)
    • API トークン: Firebase CLI で取得した API トークン
    • プロジェクト ID: Firebase コンソールから取得したID
  4. 4.
    追加をクリックします。

登録したデプロイサービスを利用して、Firebaseへの配信を行います。
  1. 1.
    PWAビルドを行います。ビルドの手順は、PWA アプリのビルドを参照ください。
  2. 2.
    ビルド完了後に、ビルド結果画面に遷移します。
  3. 3.
    ビルド結果画面からデプロイを実行します。画面下部に登録したデプロイサービスが表示されますので、クリックし配信を開始します。
リンクのコピー
概要
準備
プロジェクトID
API トークンの取得方法
firebase.jsonファイル
デプロイサービスの登録
デプロイを実施