Monaca Docs
検索…
使用例
Monaca 提供の各種開発ツール ( Monaca クラウド IDE、Monaca Localkit、Monaca CLI ) と Monaca デバッガーの連携方法に関して、ここでは解説します。
最初に、端末またはエミュレーター上に、Monaca デバッガーをインストールします。詳細は、 Monaca デバッガーのインストール方法 をご確認ください。

Monaca クラウド IDE と Monaca デバッガーとの連携 ( Web 経由 )

Monaca クラウド IDE および各ブラウザー標準のリモートデバッグ機能を使用した、Monaca アプリのデバッグ方法を紹介します。

Monaca デバッグパネル

Monaca クラウド IDE の デバッグパネルには、Web アプリ向けのデバッグツールとして人気のある Weinre ( WEb INspector REmote ) が実装されています。このツールを使用して、Cosole を使用したデバッグと DOM の解析が行えます。
Monaca クラウド IDE と Monaca デバッガーを使用してアプリのデバッグする方法は、以下になります。
    1.
    Monaca クラウド IDE 上で、プロジェクトを開きます。
    2.
    Monaca デバッガー上で、プロジェクトを実行します。
    3.
    IDEと端末が接続されていることを確認します。 デバッグパネル上に、端末情報が表示されていれば、接続されています ( 下のスクリーンショットを参照のこと )。表示されない場合、IDEまたはデバッガーをいったんリフレッシュさせます。IDE と端末の接続後に、アプリのデバッグを IDE 上で行えます。

Console を使用したデバッグ

Console API と JavaScript を併用して、Console ( コンソール ) 上に、メッセージを出力します。
Console API を、次に記します。
    console.log() : Console 上にメッセージを出力します。
    console.debug() : デバッグ用と通常のログを明示的に分けたい場合には、こちらを使用します。メッセージは、Debug タブ 上に表示されます。
    console.warn() : 黄色の警告マークと共に、メッセージが表示されます。
Console API の詳細に関しては、 Console API references ( Google Developers ) をご確認ください。
Console API を使用したサンプルコードを、次に記します。
    1.
    次のコードをコピーして、index.html ファイルに貼り付けます。
    1
    <!DOCTYPE HTML>
    2
    <html>
    3
    <head>
    4
    <meta charset="utf-8">
    5
    <meta name="viewport" content="width=device-width, height=device-height, initial-scale=1, maximum-scale=1, user-scalable=no">
    6
    <script src="components/loader.js"></script>
    7
    <link rel="stylesheet" href="components/loader.css">
    8
    <link rel="stylesheet" href="css/style.css">
    9
    <script>
    10
    var a = 1;
    11
    var b = 2;
    12
    13
    function debug(){
    14
    var c = a + b;
    15
    console.log("debug() function is executed!");
    16
    console.log("executed! variable c is " + c);
    17
    }
    18
    19
    debug();
    20
    </script>
    21
    </head>
    22
    <body>
    23
    <h1>Hello World!</h1>
    24
    </body>
    25
    </html>
    Copied!
    2.
    ファイルを保存して、Monaca デバッガーと Monaca クラウド IDE を接続します。次に、Monaca クラウド IDE 上で、プロジェクトを実行します ( [ 実機デバッグ ] メニューをクリック )。次に、下の 2 つのスクリーンショットのようなメッセージが、Monaca クラウド IDE のデバッグパネル上および Monaca デバッガーのアプリログ上に、それぞれ表示されていることを確認します。
Monaca クラウド IDE の デバッグパネル上
Monaca デバッガーのアプリログ上
3. デバッグパネル上で、次のように、アプリのエラーログも確認できます。

DOM の解析

DOM ( Document Object Model ) の解析ツールを使用して、次の処理ができます。
    現在開いているページの DOM 構造が表示されます。
    現在開いているページの DOM 構造と CSS
    を修正でき、ページ側にもリアルタイムで反映されます。
詳細に関しては、 スタイルと DOM の修正 ( 英語サイト) をご確認ください。
デバッグパネル上での DOM 解析

USB デバッグ

USB デバッグを有効化すると、次の操作を行えます。
    Console を使用したデバッグ : Console 上で、メッセージの出力とデバッグセッションを行えます。
    DOM の解析 : DOM の構造の確認と修正を行えます。また、リアルタイムで、更新を反映できます。
    JavaScript のデバッグ : JavaScript パフォーマンスの分析、分析ポイント ( ブレークポイント )
    のセット、実行処理の制御を行えます。
USB デバッグ使用時に利用できるデバッグ方法は、次のとおりです。
    1.
    iOS 端末を使用している場合には、Safari のリモートデバッグ機能を利用できます。
    2.
    Android 端末を使用している場合には、Chrome のリモートデバッグ機能 を利用できます。

Safari のリモートデバッグ機能 ( iOS と Mac が対象 )

USB デバッグを使用してデバッグをする場合、事前に行う設定がいくつかあります。詳細は、 USB デバッグの事前準備 をご確認ください。
    1.
    USB ケーブルを使用して、iOS 端末と Mac を接続します。
    2.
    カスタムビルド版 Monaca デバッガー上で、Monaca プロジェクトを実行します。
    3.
    Safari を開いて、 開発 メニューを選択します。表示されるリスト内に、開発者の iOS 端末名が表示されますので、選択します。表示されたサブメニューから、Monaca アプリ内で使用しているページを選択します。
4. Web インスペクタ画面が表示されます。ここでは、総合的にアプリを検証できます ( HTTP リクエストのタイムライン表示、JavaScript のプロファイリング、DOM ツリーの操作など )。Web インスペクタの使用方法に関しては、こちらの Safari Web インスペクタの使用方法 ( 英語サイト) をご確認ください。

Chrome のリモートデバッグ機能 ( Google Chrome ブラウザーを使用した Android アプリ開発が対象 )

USB デバッグを使用してデバッグをする場合、事前に行う設定がいくつかあります。詳細は、 USB デバッグの事前準備 をご確認ください。
    1.
    USB ケーブルを使用して、Android 端末と PC を接続します。
    2.
    Monaca デバッガー上で、Monoca プロジェクトを実行します。
    3.
    Chrome のアドレスバーに、 chrome://inspect/ と入力します。
    4.
    「 Devices 」 ページが表示されます。次に、接続した Android 端末が表示されていることを確認して、端末情報の下に表示されている inspect をクリックします。
5. Chrome DevTools が起動します。ここまでの手順で、Monaca アプリをデバッグする準備が整いました。Chrome DevTools の使用方法は、こちら ( 英語サイト) をご確認ください。

USB デバッグの事前準備

プラットフォーム          
iOS
Android
Monaca デバッガー
ストア版またはカスタムビルド版の Monaca デバッガー
ドライバーのインストール
Mac OS X の場合、必要なドライバーは、インストールされています。
Windows の場合、端末製造元の Web サイトから、端末用の対象のドライバーを入手します。Mac OS X の場合、必要なドライバーを、システム側で自動で検知してくれます。
USB デバッグ の有効化
iOS 端末上で、[ Web インスペクタ ] を有効化します。
    設定 ‣ Safari を選択します。
    下にスクロールして、 詳細 を選択します。
    Web インスペクタ を ON にします。
Android 端末上で、[ USB デバッグ ( USB debugging ) ] を有効化します。
    設定 ‣ 端末情報 / タブレット情報 を選択して、ビルド番号を数回タップします。
    開発者向けオプション を選択します。
    USB デバッグ を選択します。
コネクションの信頼
端末上に、コンピューターの信頼性を確認する画面が表示されます。[ 信頼する ] を選択して、コンピューター側と接続します。
端末上に、コンピューターの信頼性を確認する画面が表示されます。[ 信頼する ] を選択して、コンピューター側と接続します。
参考ページ
最終更新 1mo ago